女子高生の102cmバストの誘惑(1/2)

410 名前:女子高生の102cmバストの誘惑(プロローグ)[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:21:05.88 ID:chORGcgV
私、またラブレターをもらいました。
私を好きになってくれるのは嬉しいです。
でも私、胸がすごく大きくて、いつも男子からいやらしい目で見られてるんです。

この人も私の体目当てでラブレターをくれたのかと少し不安になります。
だから私はこの人を試そうと思います。
恥ずかしいけれど、私の事を本当に好きなら、私をいやらしい目で見ないはずです。

でも…
もし体目当てだったら、絶対に…許せないです…!

411 名前:女子高生の102cmバストの誘惑1[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:22:23.09 ID:chORGcgV
「…あなたでしたか、私にラブレターをくれた方は。
あの…失礼ですけど、本当に私のこと好きなんですか?」

「私、胸がグラビアアイドルみたいにすごく大きくて、
とろいから、よくいやらしい目で見られるんです。
でも私、そういうのすごく嫌なんです。あなたは違うと言い切れますか?」

「そうですか…あなたは違うと言うのですね。
わかりました。では少しテストをさせて下さい」

「まずはこの椅子に座って頂けませんか?…はい、ありがとうございます。
では少しの間、椅子にあなたの両手両足を固定させてもらいますね。
大丈夫です。終わればすぐにこの手錠の拘束は外しますから」

「よいしょ、よいしょ…と、はい、これで体の自由はきかなくなりましたね。
あなたが私の事が本当に好きで、私の体目当で告白してないか試させて下さい。
もし体目当てだと分かった場合には、きついお仕置きを受けてもらいます」

「今から5分間、あなたは私のことをずっと見ていてください。
…それで、その5分経った後にあなたが…そ、その…勃起してしまってたら
私の体目当てで告白したと見なしてお仕置きを受けてもらいます」

「目をつぶったままでいるのはルール違反です。
もちろん私はあなたの体に触ったり、裸になるなんてことはしません」

「そんなことしたら嫌でもそんな気分になってしまいますからね。
だから特別なことはしません。お約束します」

「最後にもう一度聞きますけど、体目当てで告白したんじゃないんですね?
…はい、わかりました。本当に私のことが好きなんですね。」

「あなたを…信じます」

「今からすることは日常生活ではごく普通のことですから
あなたはいやらしい目で私を見ないことを信じますね」

「では始めます…」

「この間健康診断がありました。それでスリーサイズを測ったんですけど、
私は、う、上から102-60-84でした」

「…この事、何故かすぐに、学園中の男子に知れ渡ったんです。すごく嫌でした。
…えっと…あのカップはぎりぎりJカップです。もう少しでKカップになりますね。」

「…あの…今生唾飲み込みませんでしたか?…気のせいだと思うことにしますね…」

「ここの女子の制服って胸囲の大きいサイズが無いんですよね」

私は、制服の上着を脱ぎ102cmのバストが
ぱんぱんに詰め込まれたブラウス姿になりました。

「このブラウス胸の所がとってもきついんです。
ブラウスになるといつも以上に男子から胸をじろじろ見られるんですよね…」

私は、「きよつけ」をするように、胸をはって姿勢を正すと
ブラウスのバストが巨大に盛り上がって、
ブラウスの生地がぱんぱんに張りつめられていていました。

大きなバストがぎゅうぎゅうと強い圧迫をするので、
今にもボタンが外れそうでした。

412 名前:女子高生の102cmバストの誘惑2[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:23:25.03 ID:chORGcgV
私は、胸のあたりにあなたの視線を感じました。

「……っ…」

「私、熱くて汗かくの嫌だから、ブラウスで登校してるんです。」

私は、あなたが見える位置を軽く歩き回りました。
私が歩くたびに振動でブラウスの大きなバストが
ぷるん、ぷるん、ぼいん、ぼいんといやらしく揺れました。

「……嫌っ…」

ぷるん♪ ぷるん♪ ぼいん♪ ぼいん♪
ぷるん♪ ぷるん♪ ばいん♪ ばいん♪

「……っ…。あの…私の目を見ててくれませんか…」

「…私よく寝坊して学校まで走ることが多いんです。そしたら…」

私は走る姿を再現するようにその場で掛け足をしました。
私の体が上下に動くたびにブラウスに詰め込まれた巨大なバストが
ゆっさ、ゆっさ、ばいん、ばいんと大きく揺れ出しました。

「はぁ、はぁ…はぁ、はぁ…」

ゆっさ♪ ゆっさ♪ ばいん♪ ばいん♪
ゆっさ♪ ゆっさ♪ ばいいん♪ ばいいん♪

「……っ…。…私が走って登校する姿を、男子がいつも見に来るんです」

私はまたその場で掛け足をしました。
大きすぎるバストがゆっさ、ゆっさ、ばいん、ばいいん…と大胆に揺れました。

「…はぁ、はぁ、はぁ、…っ…、はぁ、はぁ、はぁ…」

ゆっさ♪ ゆっさ♪ ばいん♪ ばいん♪
ゆっさ♪ ゆっさ♪ ばいいん♪ ばいいん♪

「……っ…このっ。さっきからどこを見てるんですか?
ちゃんと…私の目を見てて下さい!」

私はあなたを睨みつけました。

「…でも遅刻するわけにはいかないので、私は急いで走ります」

私がさらに急ぐように大きく掛け足すると
巨大なJカップバストが、
激しくゆっさ、ゆっさ、ばるん、ばるん、ばるん、と勢いよく弾み出しました。

「…はぁはぁはぁはぁ、…んっ、ん…はぁはぁはぁはぁ…」

ゆっさ♪ ゆっさ♪ ばるん♪ ばるん♪ ばるん♪
ゆっさ♪ ゆっさ♪ ばるるん♪ ばるるん♪ ばるるん♪
ゆっさ♪ ゆっさ♪ ばるるん♪ ばるるん♪ ばるるん♪ 

「…どうして私の目を見てくれないんですか!?
私はあなたの目をずっと見てるから、あなたがずっとどこを見てるのかわかるんですよ!」

413 名前:女子高生の102cmバストの誘惑3[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:24:50.87 ID:chORGcgV
「これは普通の日常生活で、私をいやらしい目で見ていないかを試すテストなんですよ。
恥ずかしいですけど、こうでもしないと体目当てかもしれないって思ってしまうんです!
私のことが本当に好きだったら、どうか体じゃなく目だけ見て下さい!」

「…あの…続けますね…」

「ラジオ体操で何度もジャンプする運動がありますよね。
両足跳びです。フフ…体育の時間も男子がこぞって見に来るんですよ…最低です…」

私は102cmのバストがきつきつに詰まったブラウスのままで
何度も何度もジャンプしました。

遅れて巨大なバストが大きく上下にばるん、ばるん、ぼよよん、ぼよよん、と揺れました。

「1・2・3・4…っ…5・6・7・8…っ…」

ばるん♪ ばるん♪ ぼよん♪ ぼよん♪
ばるるん♪ ばるるん♪ ぼよよん♪ ぼよよん♪

「……っ…。こんな風に何度もジャンプさせられるんです…
縄跳びの時なんて本当に最悪でした…」

私は、縄跳びを跳ぶように何度も素早くジャンプすると
豊満すぎるバストが上下に早く激しく
ばるん、ばるん、ばるん、ばるん、と揺れまくりました。

「1,2,3,4,5,6,7,8、はぁ、9,10,11,12,13,14,15,16、はぁはぁ…」

ばるん、ばるん、ばるん、ばるん、ばるん、ばるん、ばるん、ばるるん♪
ばるん、ばるん、ばるん、ばるん、ばるん、ばるるん、ばるるん、ばるる~ん♪

「……っ、やっぱりあなたも見てるんじゃないですか! あいつらと同じなんですね…」

私はあなたをきつく睨みつけました。

「…二人一組の組み体操で、お互い背中合わせて、
相手を自分の背中に背負う運動がありますよね。私、背負われたらこうなるんですよ」

私は、背負われたように少しずつ仰け反ると
ブラウスがバストの圧迫でぱんぱんに張りつめて、
大きく大きく盛り上がっていきました。

「お願ですから次にすることは絶対に見ないで下さいね。
あなたに少しでも良心と誠実さがあるなら目をそらしておいて下さい。
私に…あなたを信じさせてください!」

私は肩を後ろに引いて、さらに力強く仰け反りました。

「…んっ……んんっ…」

Jカップの圧迫でブラウスがぱんぱんに張りつめられて、
バストの形がはっきりとわかるぐらいに盛り上がり、
ブラウスいっぱいに柔らかいバストがむぎゅ~っと押し潰されていきます。

―――プチ、プチ……プチ…!
 
ブラウスが102cmのバストで押し広げられて、
プチプチとボタンの糸が切れていきました。

414 名前:女子高生の102cmバストの誘惑4[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:26:51.94 ID:chORGcgV
「…んんっ…んっ、んっ、んっ~! 見ないで…見ないで下さいっ!!」 

―――プチ、プチ、プチ……パーンッ!!

私が仰け反る角度をさらに大きくした瞬間、バストの圧迫がさらに強くなり
弾けるような音を立て、ブラウスのボタンが飛んで行きました。
そして同時に溢れるようにブラウスから102cmのJカップが飛び出します。

「きゃあっ! また破れちゃた…」

ぼっよよ~ん♪ …ぼよん、ぼよん、ぼよん♪

飛びだしたバストの揺れがおさまると、私はあなたに軽蔑のまなざしを向けました。

「今絶対に見てましたよね。生唾飲み込んでましたよ。私、見てました。
ブラウスのボタンが飛んで、私の胸が飛び出した瞬間、
あなた完全に馬鹿の顔になってましたよ。…本当に…本当に軽蔑します!」

「…っ、…言いましたが、5分後に勃起してたら、ものすごいお仕置きですからね。
もう勃起してるんじゃないですか? …してたら酷いですよ。
5分経ったらパンツごと脱がして確認しますからね」

「では残り2分です。もう言っても無駄かもしれませんが、
ちゃんと私の目だけを見てて下さいね。」

「水泳の授業がありましたよね。水着の種類は自由で、
授業も男女別だったんでビキニでも着てみようかなって思ったんです」

私はブラウスやスカートを手早く脱ぐと
服の中に予め着ていた102cmのバストがきつ~く詰め込まれた
ピンク色のビキニが現れました。

「別に水着ですから裸になってるわけではありませんよ。ルールには抵触していません。
公共のプールにもこういう人いますよね?
つまり、あなたが私をいやらしい目で見なければいいだけです」

「どうです?ピンクのビキニです。少し胸がきつかったですけど、
女の子同士だったら大丈夫だと思ってたんです」

私は、意識せず胸を軽く張りましたが、それだけで特大のバストはぶるんと揺れました。

「…っ、ふんっ!やっぱりあなたも胸を見るんですね。いやらしい! そうですよ!
準備運動をしてる最中、プールの外に男どもがやってきて大騒ぎだったんですよ!」

「それでも続けて授業を受けさせられたんです!
胸がきつきつの小さいビキニで、ぴょんぴょんと跳ねさせられたんですよ!」

102cmの爆乳が布面積の小さいビキニから溢れてましたが
私は構わず、その場を再現するように、また何度もジャンプしました。

巨大なバストがビキニに収まらず、ジャンプする度、上下左右に激しく
ばるん、ばるん、ぶるるん、ぶるるん、とJカップバストが暴れました。

「…1・2・3・4…っ…いや、…5・6・7・8…見ないでっ…」

415 名前:女子高生の102cmバストの誘惑5[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:28:09.73 ID:chORGcgV
ばるん♪ ばるん♪ ぶるるん♪ ぶるるん♪
ばるん♪ ばるるん♪ ぶるるん♪ ぼよよ~ん♪

ぶるるん♪ ぶるるん♪ ぼよよん♪ ぼよよん♪
ばるるん♪ ばるるん♪ ばっい~ん♪ ばっい~ん♪ ぼよよよ~ん♪

「…っ、ほらっ!私の体目当てじゃなかったら、ちゃんと目だけ見て下さい!
いやらしい目で私を見ないで下さい!」 

私はあなたを睨みつけながら、何度もジャンプして
ビキニに詰め込まれた爆乳を揺らしました。

そして私はわざと胸を張りながらジャンプを繰り返し、余計に揺れ方が激しくなるように102cmのバストを滅茶苦茶に揺らしました。

「…っ、このっ!…1!2!3!4っ!…5!6!7!8っ!」

ばるるん♪ ばるるん♪ ぶるるん♪ ぶるるん♪
ぶるるん♪ ぶるるん♪ ばるるん♪ ぼっよ~ん♪

ぼよよん♪ ぼよよん♪ ぼよよ~ん♪ ぼよよ~ん♪
ぼよよん♪ ぼよよ~ん♪ ぼよよ~ん♪ ぼよよ~ん♪ ぼよよよ~ん♪

「…フ、フフフっ…でもダメですよね。
もうあなたは完全に私の胸にくぎ付けじゃないですか…最低…」

私はあなたに軽蔑のまなざしを向けながら、何度もジャンプしてバストを揺らしました。

私は後ろに手を組んで、小さく早いジャンプを繰り返すと
大きなバストが激しく上・下・上・下・上・下、
ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるんと繰り返し揺れ出しました。

「12345678、12345678…」

ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん♪
ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん♪

バストを上下に揺らしながら、
私はゴミを見るような目つきをあなたに向けて、何度も罵倒しました。

「変態、変態、変態、変態、変態、変態…」
ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん♪

「最低、最低、最低、最低、最低、最低…」
ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん♪

「気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い…」
ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん♪

「死ね、死ね、死ね、死ね、死ね、死ね…」
ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん、ばるん、ぶるん

「…どうしてさっきから目が上下に動いてるんですか?
最低…どうせ私のおっぱいが揺れるのを見て、もう勃起してるんですよね!?」

「きつ~いお仕置きされるまで、みっともなくチンポ勃起してたらいいじゃないですか!
ほらっ!102cmのおっぱいが揺れてるところ、見たければ見て下さい!
この変態っ!!」

416 名前:女子高生の102cmバストの誘惑6[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:29:31.18 ID:chORGcgV
私はやけくそになって、わざと激しくバストが揺れるように
思いっきりジャンプをしました。

「えいっ! えいっ! えいっ! …えい~っ!!」

ばっるるん♪ ばっるるん♪ ばっるるん♪ ぼっよ~ん♪ ぼっよよ~ん♪
ばっい~ん♪ ばっい~ん♪ ばっるるん♪ 
ばっるるん♪ ぼよよ~ん♪ ぼっよよ~ん♪

「頭まで動かして見てるんですね! 最低っ!」

私はあなたを思い切り睨みつけたまま、激しくバストを揺らすと
ビキニいっぱいに詰まった2つのバストが暴れまわり、
滅茶苦茶な軌道を描いて激しく揺れました。

「それっ! それっ! それっ! …それ~っ!!」

ぼろろん♪ ぼろろん♪ ぼっよ~ん♪ ぼっよ~ん♪ ぼっよよよよ~ん♪
ばるるん♪ ばるるん♪ ぼっよ~ん♪ ぼっよよ~ん♪ ぼっよよよよ~ん♪

「……っ、変態! 変態! 変態! 変態っ!!
…あなた…本当に最低です」

「…そういえば、5分経った後ですから、それまでに勃起チンポ抑えておけば
ルール上、お仕置きだけは免れますね」

「特別に目をつぶっていい権利をあげます。
それで5分後までに勃起を抑えておいて下さい。」

「ほら、早く目をつぶって、反省して下さい…」

「いいですか? 終わりまで絶対に目を開けてはいけませんよ。
もし開けたら絶対に分かるような罠を考えてますから、
くれぐれも私の胸を一目見ようとしないで下さいね。」

私はあなたが目をつぶったのを確認すると
あなたの顔に近くで、重量感たっぷりのバストを
左右に大きくゆっさ、ゆっさ、ぼろん、ぼろんと揺らしました。

「…そ~れ」

ゆっさ♪ ゆっさ♪ ぼろん♪ ぼろん♪
ゆっさ♪ ゆっさ♪ ぶるん♪ ぶるん♪
ゆっさ♪ ゆっさ♪ ぼろん♪ ぼろん♪

「っ!? あなた、ズボン越しからわかるぐらい思いっきりテント
張ってるじゃないですかっ!?」

「薄目開けて、さっきの見てたんですね。どこまで最低なんですか!
ほらっ! いいですよ! さっきのもっとしてあげますから、
時間終了までずっとみっともなく勃起していて下さい!」

私は、さっきより激しくバストを左右に振り回しました。

「ほら、ほら、ほら、ほら~っ!」

ばるるん♪ ばるるん♪ ぼろろん♪ ぼろろんっ♪
ぶるるん♪ ぶるるん♪ ぼろろん♪ ぼろろんっ♪ 
ばるるん♪ ばるるん♪ ぼろろん♪ ぼろろ~んっ♪

417 名前:女子高生の102cmバストの誘惑7[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:30:32.54 ID:chORGcgV
「何バッチリ目を開けて見てるんですか! ほらほらっ! あと10秒ですよ!
私の大きなおっぱいが揺れてるとこ見ながら、勃起抑えられるんですか?
私のおっぱい見てると地獄行き確定ですよ!」

「ふんっ!それでも最後まで見てるんですね! このクズ! 最低っ!
いいですよ。地獄に行く前にたっぷり見せてあげますよ!」

私は、あなたの目の前にビキニに入った102cmのバストを近づけ、
1回わざと大きくバストを揺らしました。

「…え~いっ!!」

―――ぼっよよよ~ん♪

「…ふんっ! バーカっ!」

そして私は、あなたの目の前で、残り1秒ごとに1回
わざと大きくバストを揺らしました。

同時に私は、バストが揺れる様子もあなたを心底馬鹿にしたように伝えました。

「ほ~ら、9~、ぷっるる~ん♪ 8~、ぷっるる~ん♪ 7~ぷっるるる~ん♪」

「ほらほら、勃起してたらきついお仕置きですよ」

「ほ~ら、7~、ゆっさ♪ ゆっさ♪ ぶるんっ♪…変態」

「6~、ゆっさ♪ ゆっさ♪ ぶるんっ♪…最低」

「5~、ゆっさ♪ ゆっさ♪ ぶっるるるる~んっ♪…ふんっ、バ~カ」

「いいんですかぁ~目をつぶらなくて。もう時間ないですよぉ~」

「ほ~ら、4~ゆっさ♪ ゆっさ♪ ぼよよ~ん♪…ケダモノ」

「3~ゆっさ♪ ゆっさ♪ ぼっよよ~ん♪…クズ」

「2~ゆっさ♪ ゆっさ♪ ぼっよよよ~ん♪…最悪」

「勃起、おさまりましたかぁ~?
ほら、1~…フフ…死んでください…」

「ぼよん♪ ぼよん♪ ぼよん♪ ぼよん♪ ぼっよよ~んっ♪」

「…はいっ…終了~っ!!」

私はあなたのズボンとパンツを一気に下ろしました。

「……最低、さ! い! て! い!!」

―――パーンっ!!

私はあなたの顔を思い切りビンタしました。

「このぉ~最低~っ!!」

「何ですかこれ? 思いっきりチンポ勃起してるじゃないですか!? 最低!
私があんなに嫌がってたのに、胸をジロジロいやらしく見てたんですよね!」

418 名前:女子高生の102cmバストの誘惑8[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:31:28.37 ID:chORGcgV
「どうしてもそんな気分になるなら、
見ないように視線を逸らせば良かったじゃないですか!?
私嫌だったんですよ!? なのにどうして胸を見てくるんですか!?」

私はあなたの顔をなんども強くビンタしました。

「変態っ! 最低っ! クズっ! 馬鹿っ! 死ねっ!」

―――パーン、パーン、パーン、パーン、パーンっ!!

「やっぱり、体目当ての変態野郎だったんですね。見損ないました。
それで私に告白したんですよね。女の敵です。」

「お仕置きですよ。それもものすごい酷い。」

私は用意していた固い皮状の拘束具であなたの両腕を背中で拘束し、
逃げられない様に両足にも拘束具をつけました。

「ふふっ、ずいぶんと情けない格好ですね。どこかの軍の捕虜みたいです」

私はあなたをひざまずかせて、あなたの両肩をしっかり掴み動けなくしました。

「どうです? あなたの顔のまん前にビキニに詰まった大きなおっぱいがありますよね。
これ102cmのJカップです。今からこの大きなバストであなたにお仕置きをします」

「もう私をいやらしい目で見れないように、
あなたに女の子の体の恐怖を教えてあげる」

私は、あなたの両肩を掴んだまま、バストを大きく左右に揺らしました。

あなたの顔の前で私の巨大なバストが
ぶるるん、ぶるるん、ぼんぼろ、ぼんぼろ、と大きく左右に揺れました。

「それっ、それっ、えいっ、えいっ!」

ぶるるん♪ ぶるるん♪ ぼんぼろ♪ ぼんぼろ♪
ぶるるん♪ ぶるるん♪ ぼんぼろ♪ ぼんぼろ♪
ぶるるん♪ ぶるるん♪ ぼんぼろ♪ ぼんぼろ♪

「どうですか? こんな大きなバストが目の前で揺れたら興奮しますかぁ~?
もっと揺れるスピードが上がったらどうなると思います?」

私は、さらにバストを左右に揺らすスピードを上げました。

「それそれそれそれっ! えいえいえいえいっ!」

ぶるるん、ぶるるん、ぶるるん、ぶるるん、ぼろろん、ぼろろん、ぼろろん、ぼろろん♪
ぶるるん、ぶるるん、ぶるるん、ぶるるん、ぼろろん、ぼろろん、ぼろろん、ぼろろん♪

「どうです? すごい迫力でしょ? 
これ、あなたの顔に当たったらどうなると思いますか?
柔らかいおっぱいのすごい衝撃をあなたの顔にぶつけてあげます。クスクス…」

私は、すごい弾力で弾けているJカップバストの塊をあなたの顔にぶつけました。

「…クスクス…えいっ!!」

――――パーンっ!!

419 名前:女子高生の102cmバストの誘惑9[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:32:24.88 ID:chORGcgV
「クス…ウフフフッ…パーンってすごい音が鳴りましたね。痛かったですか? 
痛いですよね? でもあなたの大好きなおっぱいで叩かれたんですよ。
嬉しいですよね~?」

私はまたあなたの目の前でバストを大きく左右に揺らしました。

「それそれそれそれっ! えいえいえいえいっ!」

ぶるるん、ぶるるん、ぶるるん、ぶるるん、ぼろろん、ぼろろん、ぼろろん、ぼろろん♪
ぶるるん、ぶるるん、ぶるるん、ぶるるん、ぼろろん、ぼろろん、ぼろろん、ぼろろん♪

「クスクス…また目の前で私の大きなおっぱいがすごい勢いで揺れてますね~。
いいですよ。じっくり、おっぱいがぶるるん、ぶるるんと揺れてるところを
見ていて下さいねぇ~」

ぶるるん、ぶるるん、ぶるるん、ぶるるん、ぼろろん、ぼろろん、ぼろろん、ぼろろん♪
ぶるるん、ぶるるん、ぶるるん、ぶるるん、ぼろろん、ぼろろん、ぼろろん、ぼろろん♪

「またおっぱいが顔にぶつかりますよぉ、…クスクス、もう逃げられませんからねぇ~」

私は、あなたが逃げられないようにぎゅっとあなたの両肩を抑え、
あなたの顔にバストを叩きこみました。

「…え~いっ!!」

――――パーンっ!!

「クス…あははははっ♪ またバチーンっていい音が鳴りましたね。
痛かったですかですか~? 女の子にこんなことされて情けないですね~」

「今度はこうしてあげます」

私は、あなたの顔を巨大なバストでぎゅ~っと挟みつけ、
そのまま何度もぎゅっぎゅっとビキニごしのバストであなたの顔を圧迫しました。

「むぎゅ~♪ クスクス…完全に顔が隠れちゃいましたね♪ このままこうしてあげます。
むぎゅっ♪ むぎゅっ♪ ぱふぱふ♪ むぎゅっ♪ むぎゅっ♪ ぱふぱふ♪
むぎゅっ♪ むぎゅっ♪ むぎゅぅううううう♪ ぱふっ♪ ぱふっ♪ ぱふっ♪」

「クスクス…102cmのバストでこんなことされたらたまりませんよね~
こんなことされて興奮するなんて、浅ましい男ですね」

「おっぱいで挟んでる顔、このまま潰してあげましょうか?
ほ~ら、ぱふっ♪ ぱふっ♪ むっぎゅううううううううううううううううううっ♪」

「クスクス…柔らかいおっぱいが顔全体に広がってさぞかし気持ちいいでしょうねぇ。
もう一度、ぱふっ♪ ぱふっ♪ むっぎゅううううううううううううううううううっ♪」

「…フンッ…せいぜい今のうちに気持ち良くなっとけばいいです」

私は、あなたの顔をバストで挟んだまま、
バストを左右に振ってあなたの顔を何度も軽くぺチぺチと叩きました。
弾力あるバストが顔に当たるたびにぼよんぼよんと弾みました。

「ほら、ほら、ほら、ほら…」

ぺチ♪ ぺチ♪ ぺチ♪ ぺチ♪ ぼよん♪ ぼよん♪ ぼよん♪ ぼよん♪
ぺチ♪ ぺチ♪ ぺチ♪ ぺチ♪ ぼよん♪ ぼよん♪ ぼよん♪ ぼよん♪

「クスクス…情けない音が鳴ってますね。ではもう少し早くしてみましょうか」

420 名前:女子高生の102cmバストの誘惑10[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:33:19.23 ID:chORGcgV
私がバストを左右に振るスピードを上げると、
あなたの顔をバストで叩くたびにピシッピシッという音がしました。

「クスクス…ほらっ、ほらっ、ほらっ、ほらっ!」

ピシッ、ピシッ、ピシッ、ピシッ♪ ぼよよん、ぼよよん、ぼよよん、ぼよよ~んっ♪
ピシッ、ピシッ、ピシッ、ピシッ♪ ぼよよん、ぼよよん、ぼよよん、ぼよよ~んっ♪

「クス…ほ~ら、段々痛くなってきたでしょ?クスクス…」

私はもう一度、あなたが逃げられないようにあなたの両肩をぎゅっと抑えつけました。

「逃げられませんよ。あなたは私にされるがままです。
クスクス…次は本気で叩いてあげます。女の子のおっぱいの力を教えてあげます」

私は思い切り体を振って、あなたの顔にバストを力強く何度も叩きこみました。

「いきますよ…おっぱいビンタです! えいっ! えいっ! えいっ! え~いっ!!」

ぱあんっ! ぱあんっ! ぱあんっ! ぶるるん♪ ぶるるん♪ ぶるるるんっ♪
ぱあんっ! ぱあんっ! ぱあんっ! ぶるるん♪ ぶるるん♪ ぶるるるんっ♪

「あははははっ!痛そうですね~。クスクス…」

「え?痛いからやめてほしい? イ~ヤです。クスクス…
お仕置きですからあなたに苦痛を与えてるんです。止めるわけないじゃないですか」

「ほ~ら、またいきますよ。
ぱんぱんぱんぱ~ん!って叩いて、あなたの大好きなおっぱいで虐めてあげます。
クス…ウフフフッ…」

それから私はあなたの顔を何度もバストで叩いて痛めつけたり、
バストで顔を挟んで気持ちよくさせたりを繰り返し、あなたをしばらく虐めてあげました。

「さて…そろそろ次のお仕置きに移りましょうか」

私は、あなたの勃起したチンポを見て、あなたに軽蔑のまなざしを向けました。

「変態…」

しばらくの間、私は馬鹿にするような表情であなたを見ていましたが
私はいきなりあなたを蹴り倒しました。

「…それっ!!」

そして私は迷わず、黒のニーソックスを履いた足であなたの顔を踏みつけました。

「えいっ!」

―――ガンっ!

「クス…次はこんなことされたらどうですか? 水着着た女の子にニーソックスで
顔を踏まれるんです。どうです? すごい屈辱でしょ?
もしかしてそれで興奮したりしますか~?」

私は、ニーソックス履いた右足をあなたの顔の上に乗せ、ぐりぐりと踏みにじりました。

「ほ~ら、ぐりぐりぐり~っ!
女の子に顔踏まれてますよ~、情けないと思わないんですか~?
自分がみじめだと思わないんですかぁ~?」

421 名前:女子高生の102cmバストの誘惑11[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:34:40.68 ID:chORGcgV
「…へ・ん・た・い…クスクス♪
ほ~ら、足の指であなたの鼻をつまんであげますよ。ぎゅ~っと
クスクス…バーカ♪」

「ん?…もしかしてあなた、私の足の臭い嗅いでるんですか?
…っ!?…嗅いでるじゃないですか!?どこまで変態なんですか!」

私はあなたの鼻を潰すように、
足の指に力を込めてぎゅっ、ぎゅ~っと鼻をつまみました。

「そんなに足の臭い嗅ぎたいなら、たっぷり嗅げばいいじゃないですか!?
軽蔑します! 変態! 変態! 変態っ!!」

「…本当にあなたは変態なんですね。わかりました。
今からあなたに変態って罵倒しながら顔を踏んであげますね」

「変態、ねえ変態、私のニーソックスで踏まれて気持ちいいんですかぁ~?
そんなに踏まれるのが気持ちいいなら…思いっきり、踏んであげますっ!!」

私は、右足に力を込めながらあなたの顔を何度も踏みつけました。

「ほらっ、ほらっ、ほらっ、ほらっ、変態、変態、変態、変態っ!!」

―――ガンっ! ガンっ! ガンっ! ガンっ!!

「勃起チンポびくびくしてますよぉ。踏まれてどこが気持ちいいんですか~?
あたま大丈夫ですかぁ~?」

「女の子に顔踏まれて気持ちいいって、あなたマゾなんですか? マゾ、マゾ、マゾ…
マゾ変態ですね。こんな人に告白されたなんて気持ち悪い、吐気がします」

「ん…?」

私は、力を入れて踏むたび、自分のおっぱいがゆさゆさと揺れてることに気付きました。

「ふ~ん、私がビキニを着てるから、
私に顔を踏まれる位置からおっぱいが揺れてるのを見てたんですね。
しかも下から覗くような格好で…最低…」

私は、気にせずビキニのバストをゆさゆさ揺らしながら、あなたの顔を踏み続けました。

「ほ~ら、変態、マゾ、最低! 
ほら、少しずつ体重を、踏んでる右足にかけていってあげます」

―――ぎゅうううううっ!!

「ぐりぐり、ぐりぐりっ…変態、変態、変態!」
ゆっさ♪ ゆっさ♪ ぷるん♪ ぷるん♪

「ぐりぐりぐり、ぐりぐりぐりっ…マゾマゾマゾ!」
ゆっさ♪ ゆっさ♪ ぼよん♪ ぼよん♪

「ぐりぐりぐりぐり…ぐりぐりぐりぐり~っ…最低、最低、最低~っ!!」
ゆっさ♪ ゆっさ♪ ゆっさ♪ ぼろん♪ ぼろん♪ ぼろん♪

「…うふふっ♪」

私は、あなたの顔から右足を高く上げました。

「ふんっ…」

  • 最終更新:2014-08-30 16:54:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード