6スレ804-805

804 名前:ついカッとなって書いた 1[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 22:28:09.06 ID:+F2cgVZu
時代は2XXX年
エロゲとオナホは極限進化を遂げていた

エロゲは3Dを超えた仮想世界にまで展開し、
プレイヤーの視覚・聴覚を、あたかもその仮想が本当の世界のような錯覚まで起こさせる再現率を誇った

オナホはチンコに嵌める往来のタイプから全身を覆い隠す服へと進化を遂げた
その性能は、
服に搭載されたCPU制御により全身に刺激を与え、
なにもない空間に物体があるような錯覚を起こさせた

そしてこの二つの進化により、人類は・・・ついに・・・
二次元キャラクターとの性行為を疑似的に再現可能とした

使い方は、erg専用のオナホ服を着て、専用のエロゲをPCにインストールしプレイするだけ
エロゲのHシーンに合わせてオナホ服に搭載されたCPUが作動する
プレイヤーは、あたかも本当に二次元キャラと性行為をしているような感覚に陥るだろう
その快感はまるで本物のフェラ、SEXをしているかの如く
夢にまで見た、決して手の届かないと思っていた画面の向こう側の相手との性行為は、
たとえ疑似SEXであったとしても本物以上の興奮と快楽がそこにはあった

だがしかし、このergには重大な罠が仕掛けられていた
課金制だったのだ
SEXしたければ金を払え
最後までシたければ、射精したければ金を払え
運営の声が聞こえてくるようだ

それはユーザーに大きな反感を買った
だがしかし、そんなユーザーの反感はすぐ静まるのだった

それは追加Hシーン
述べ数百というerg公式に登録された二次元キャラからの’お願いH’によるものだった
運営がユーザーに向け放った刺客
その誘惑と快楽にユーザーは次々と骨抜きにされていった
いつしかその快楽に溺れていき、
運営は多くのユーザーから金を巻き上げるのであった

805 名前:ついカッとなって書いた 2[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 22:28:47.24 ID:+F2cgVZu
あるユーザーをこう語る
「実はオレ、もうこのergはやめるつもりだったんだ。
 なんでかって?そりゃ金がかかりすぎるからだよ。
 だからさ、最後に大好きなキャラとHをしたんだけど・・・
 その娘にさ、『これが最後だから・・・』って言ったんだ。
 そしたらその娘、『やめないで・・・もっとあなたと一緒にいたい』って涙を浮かべてきたんだよ。
 仮想世界の仮想キャラだってのはわかってるつもりだったんだけど、
 そんな彼女の姿を見たらドキッとしちゃってさ、迷っちゃったんだよね。
 その瞬間にきましたよ。’課金してください’の天のメッセージが。
 そこで課金をしなければオレはこのergをやめれたんだろうよ。
 でもよ、彼女が涙目をしてオレのこと見てるんだよ・・・
 しかも行為の途中だったから服ははだけて凄く淫らな格好でよ。
 気づいたら課金しちまってたよ
 しかも課金シークレットボーナスってのに当たったらしく、
 Hの続行をしたら見たことのない女の子が追加でそこに現れたんだよね。
 そのまま3Pさ。
 その女の子がすごくてよ、今まで感じたことない快楽に溺れちまったよ・・・
 そのHが最後のはずだったんだけどよ、
 あの女の子とまたHがしたくてオレはまだerg課金を続けてるんだ。
 今じゃ、リアルでは借金地獄だよ
 ergなんてしてる余裕なんてないんだけど、あの女の子とまたHがしたいんだよ・・・」


また別のユーザーはこう語る
「サキュバスのお姉さんの声が耳から離れないんだ。
 ergを起動してないリアルにいてもお姉さんの淫らな声が聞こえてくるんだ・・・
 我慢できなくて僕はergを起動するんだ。
 サキュバスのお姉さんは待っていたかのように僕を招いて耳元で甘く囁くんだ。
 『今日もいっぱい気持ちよくなろうね。そのためにはどうすればいいか、わかるよね?』って。
 僕はお姉さんに誘惑されて、次から次へと課金をしてしまうんだ。
 やめようと思ったことは何度もある・・・でもやめられないんだ
 あの甘くて淫らな声が耳から離れないんだ・・・」

[改行]

噂によれば
一部のユーザーは一夜にして全財産を失ったとか

  • 最終更新:2014-09-06 16:22:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード